HOME

新着情報

債務整理の色々な例

債務整理はいっけん他人事のように感じる人もいるかもしれないが、身近なものである。
私の周りにも表面的には関係ないような人でも、追い詰められている人もいる。
私の知り合いでも、それまで自分で何とかしようとしていたが、ついにどうしようもなくて、知人に相談してまわっている人がいて、その話を私も聞いたが、自分の債務だけでなく、悪徳弁護士や色々な相談相手に騙されてきたらしく、債務残高がますます増えてしまったと言っていた。
弱みにつけ込む人々は、普通の精神状態にないのをいいことに法外な料金を取ったり、解決してあげるからいくらいくら用意してとかの話に誘導するようである。
聞きながらそんな世界もあるのかと信じられない思いをした。
本当の弁護士では当然ないだろうが、つい騙されてしまうのである。
今ではそういうことも少なくなったと思うが、その頃から債務整理の基本は同じで、自己破産を前提にした債権者との交渉ということになるだろう。
そのような時に自分ですべて整理するのは無理なので、債務整理専門の弁護士や会社を慎重に選んでまず相談しながら方向性を決めてゆくということだろう。心配ならば各地域の弁護士会の相談窓口に紹介してもらうとかも必要だろう。